最新情報

車の中から見つかるサイン

旦那さんの浮気。奥さんの浮気。これをなんとなく疑っているんだけど、どうも尻尾をださない。こんな人は、車の中・・・こんな浮気のサインはありませんか?代表的な車の中の浮気のサインとして、座席の位置と傾き具合ですね。後部座席に座るという場合にはそう意識することではないのですが、助手席に座る場合、ほとんどの方が、座席をずらしたり、傾けたりと、自分の背丈にあった調整をしますよね。最近の車ですと、オートで勝手に調整される車もありますね。この助手席の傾きが、微妙に違う。これは浮気のサインだと言われています。異性。同性の人が助手席に座った場合、微妙にズレているということが多く、異性の場合には大きく違っているため仕事の人か友達がのったのかな?とも解釈できますが、微妙な違いが続く。これは浮気のサインかもしれません。あとは、車の中が妙にこぎれいになる。これも浮気のサインかもしれないと言われています。今までは車のゴミ箱は奥さんが処理していたのに、自分で処理するようになった。車の芳香剤が頻繁に変わるようになった。こんなことも車の中の浮気のサインと言われています。

浮気しやすい職業がある!?

浮気しやすい職業があります。男性が浮気する場合、モテるという条件だけではしんどいものがあります。浮気するには、豊富なお金と、ある程度の自由になる時間が必要だからです。浮気しやすい職業の最たるものに、医者があります。医者という職業は高給取りで、時間の自由が利きます。医者の平均年収は一千万円とも言われていて、これだけ稼いでいれば、浮気相手と遊ぶのは簡単です。医者は忙しい職業ではありますが、内緒で自分の時間を作ることは簡単です。言い訳のしやすい職業で、医者は自己顕示欲が強い人が多いので、浮気をそれほど悪いこととは思っていません。会社社長も浮気しやすい職業です。自由になる時間が多く、お金も沢山もっています。社員の女性で若い女性が身近にいると、どうしても浮気に走りやすい傾向にあります。泊まりでの出張に行くなど口実もつけやすく、簡単に浮気相手を連れていって、思いのまま不倫を楽しめます。収入が特に多い社長なら、浮気相手を2人以上抱えている人も少なくありません。浮気しやすい職業と言えば、教師、大学教授、弁護士などもそうです。社会的に認められた地位の高いこれらの職業に就く人たちは、周りの女性も放っておきません。

浮気しなさそうな結婚相手

浮気しなさそうな結婚相手を選ぶためのポイントは、浮気しなさそうな人の特徴をよく把握しておくことです。浮気しなさそうな人には、一定の特徴があります。たとえば、一つのことを根気よく長く続けられる人は、浮気しなさそうな結婚相手になります。飽き性の人は、女性に飽きるのも早い、とよく言われるので、その反対の人を選べばいいのです。同じことに没頭できる人は、浮気しにくいと言います。そうした人は、一度好きになるとずっと好きでいられる可能性が高いです。浮気しなさそうな結婚相手と言えば、不精な人もそれに該当します。浮気しやすい人は、マメな人が多く、女性に対して、何かとマメに行動します。浮気相手に、積極的にメールを送ったりします。メールが好きな人は、寂しがり屋が多く、浮気に走りやすいのです。一方、不精で面倒くさがりの人は、浮気をしにくい傾向にあります。そうした人は、浮気相手のために、デートを計画したり、パートナーにバレないように工作するのが苦手で、そもそも浮気をしようという気を起こしません。浮気しなさそうな人は、根気があって不精な人です。

夫婦二人とも浮気していた場合の慰謝料

夫婦でどちらか一方が浮気をしていた場合、配偶者は慰謝料を請求できますが、夫婦二人とも浮気していた場合の慰謝料はどうなるのでしょう。そうしたケースは少ないかもしれませんが、離婚が多い今の時代、夫婦共に浮気をしていたとしても、決して珍しくはありません。夫婦二人ともが浮気していた場合は、慰謝料を請求可能かどうかというより、慰謝料の請求はまずしないでしょう。互いが互いに慰謝料を支払っても意味がないからです。ただ、浮気の期間などを考慮して、慰謝料の金額に差が出る場合は、慰謝料を相殺して差額分だけを支払うというケースはあります。夫婦二人ともが浮気をしてしまっているケースでは、共に浮気をしているので、慰謝料を請求するという発想には及びません。もっとも、浮気相手への慰謝料請求や、浮気相手からの慰謝料請求があった時は、パートナーの浮気相手に対しては、慰謝料を請求することは可能です。夫婦二人ともが既婚者と浮気をしていた場合で、浮気相手から慰謝料を請求された時は、夫婦二人が慰謝料を支払わなくてはならないことになります。

愛人に浮気をバラされるケースは多い

浮気をしている本人は、常にパートナーに浮気がバレないよう神経を尖らせています。気を配り、何とか浮気がバレないようにと躍起となっています。しかし残念ながら、そうした努力もむなしく、実は愛人に浮気をバラされるケースが多いのです。浮気がバレるきっかけは、勘によるものが多く、パートナーの行動に不信感を持った時、浮気の疑念を抱きます。携帯電話のチェックなどから、浮気していることがバレることは少なくありません。そうした中、浮気が発覚するパターンとして、愛人に浮気をバラされるケースがあります。浮気相手自らが、浮気を知らせてくるのは、不思議な感じがしますが、実際に多いのです。なぜ、わざわざ愛人がバラしてくるのかというと、離婚してほしいという願いがあるからです。浮気相手にとっては、パートナーは邪魔な存在で、離婚してくれれば自分の物になると思い込んでいます。だから愛人が、浮気の事実を知らせてくるわけです。フラれた腹いせでバラすパターンもあります。浮気が上手くいかなくなった場合で、浮気相手がフラれた場合、気持ちが納まらず、浮気の事実をバラしにくるというケースです。そこには、幸せな家庭を壊したいという気持ちが見え隠れしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ