夫婦二人とも浮気していた場合の慰謝料

夫婦でどちらか一方が浮気をしていた場合、配偶者は慰謝料を請求できますが、夫婦二人とも浮気していた場合の慰謝料はどうなるのでしょう。そうしたケースは少ないかもしれませんが、離婚が多い今の時代、夫婦共に浮気をしていたとしても、決して珍しくはありません。夫婦二人ともが浮気していた場合は、慰謝料を請求可能かどうかというより、慰謝料の請求はまずしないでしょう。互いが互いに慰謝料を支払っても意味がないからです。ただ、浮気の期間などを考慮して、慰謝料の金額に差が出る場合は、慰謝料を相殺して差額分だけを支払うというケースはあります。夫婦二人ともが浮気をしてしまっているケースでは、共に浮気をしているので、慰謝料を請求するという発想には及びません。もっとも、浮気相手への慰謝料請求や、浮気相手からの慰謝料請求があった時は、パートナーの浮気相手に対しては、慰謝料を請求することは可能です。夫婦二人ともが既婚者と浮気をしていた場合で、浮気相手から慰謝料を請求された時は、夫婦二人が慰謝料を支払わなくてはならないことになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ