愛人に浮気をバラされるケースは多い

浮気をしている本人は、常にパートナーに浮気がバレないよう神経を尖らせています。気を配り、何とか浮気がバレないようにと躍起となっています。しかし残念ながら、そうした努力もむなしく、実は愛人に浮気をバラされるケースが多いのです。浮気がバレるきっかけは、勘によるものが多く、パートナーの行動に不信感を持った時、浮気の疑念を抱きます。携帯電話のチェックなどから、浮気していることがバレることは少なくありません。そうした中、浮気が発覚するパターンとして、愛人に浮気をバラされるケースがあります。浮気相手自らが、浮気を知らせてくるのは、不思議な感じがしますが、実際に多いのです。なぜ、わざわざ愛人がバラしてくるのかというと、離婚してほしいという願いがあるからです。浮気相手にとっては、パートナーは邪魔な存在で、離婚してくれれば自分の物になると思い込んでいます。だから愛人が、浮気の事実を知らせてくるわけです。フラれた腹いせでバラすパターンもあります。浮気が上手くいかなくなった場合で、浮気相手がフラれた場合、気持ちが納まらず、浮気の事実をバラしにくるというケースです。そこには、幸せな家庭を壊したいという気持ちが見え隠れしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ